コンテスター兼Dx'erの無線生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Logger32 備忘録その1

PCにOSを再インストールしたついでに、全てのアプリケーションを入れ直している。
次の入れ替えの時に忘れない様に、それぞれのアプリケーションの設定手順を記録として残しておきます。

まずは、Logger32の基本編です。

1) システムを入れ替える前に、LogbookのDataをADIFで書き出す。
File -> Export logs -> ADIF (adi) file

2) Logger32を本家のサイトからダウンロード。
新規インストールなので、" Full Version"をダウンロードする。同じページにある"Latest Country Files"もダウンロードしておく。

3) ダウンロードしたファイルを解凍してインストール。インストール先は、defaultから変更無し。

4) Latest Country Filesを解凍して、その中身をLogger32のフォルダーにコピーする。

5) Logger32を起動する。それぞれのウィンドウの配置を好みに応じて修正する。
それぞれのウィンドウの端をドラッグするとサイズが修正可能

6) 無線機との接続の設定
メニューのSetup -> Radio -> Radio 1 configurationをFT-2000に設定
Radio 2 configurationをKenwood-allに設定
Setup -> Radio -> Open portになっていたらClose portに変更する。

7) Logbook entry windowの設定
Call fieldで右クリック、Setupで各種の設定をしていく

7-1) 入力項目の変更
Setup -> Show user fieldsで、必要に応じて表示するFieldを増やす(or 減らす)
初期設定ではField 6と7がチェックになっている。
Callを入力すると、Logbook entry windowのSentの右に国名、Rcvdの右に日の出、日の入り時刻、Nameの右にビーム方向,距離が表示されるが,
Field 1, 2を表示させると、国名が隠れる
Field 3を表示させると、日の出、日の入り時刻が隠れる
Field 4, 5を表示させると、ビーム方向、距離が隠れる

Setup -> Setup user fieldsで、追加したFieldをどの項目に割り当てるかを設定する。
例えば、User Field 6にQSLマネージャーを入力する場合は,
Setup -> Setup user fields -> Setup User field 6
Enter the label ... Via (ここに入力した文字がField枠の左に表示される)
What ADIF type ... QSL_VIAを選択する
Max number of ... 0のまま
Show Help buttonにチェックが入っていたら外す

7-2) 書体、サイズ、色を変更
Setup -> Appearnce -> Datafield font & color サイズを12へ変更(大きさは好みに応じて)
Setup -> Appearnce -> Label font & color サイズを12へ変更(大きさは好みに応じて)

7-3) 自局の緯度、経度の設定
Setup -> My QTH Lat/Long
Latitude 北緯を入力
Longtude 東経を入力する時は、頭にマイナス付ける(例 東経141.15なら-141.15)
Grid Squareを知っていれば、それを入力すると緯度、経度は計算してくれる。
分からない時は、http://www.mapfan.com/で自分の住所を入力すれば、URLに緯度、経度が表示されている。
これを設定しないと,メニューのアイコンのTracking window(地球儀のアイコン)で、世界地図を表示した時に自局の場所が赤丸で的確に示されない。上述の7-1)のビーム方向や距離もおかしくなる。
Distance Unitsをkilometersに変更(好みに応じて)

7-4) 入力順序の指定
Setup -> Setup tab order
それぞれのFieldでTABを押すと、次のFieldに移動するが、その順序を指定する。

7-5) 過去のQSOから引用するデーターの指定
Setup -> Setup QSO Mask
チェックした項目が、同一局とQSOした時に自動的にそれぞれのFieldに表示される。
CQZ, DXCC, ITUZ, QSL_VIAを指定(好みに応じて)

8) Logbook page windowの設定
Logbook page windowで右クリック、Setup -> Grid layoutで表示項目、順番の指定
不必要な項目は、チェックボックスのチェックを外す。
順番を変えるには、それぞれの項目の矢印をドラッグ&ドロップする。
BAND, CALL, QSO DATE, TIME_ON, CQZ, DXCC, FREQ, IOTA, MODE, RST_SENT, RST_RCVD, NAME, QSL_VIA......
(好みに応じて)

下部にあるプルダウンウィンドーの一番上のウィンドーを"Show DXCC column as ARRL Prefix"に変更。

9) Previous QSOsおよびWorked/Confirmed windowをクリックして表示される過去のQSOのDate表示のウィンドーも項目も同様に変更する。

10) バックアップしてあったデーターの読み込み
File -> Import logs -> ADIF (adi) file

QRZ.comの参照やCWの設定等は次回に書きます。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/07(土) 09:11:50|
  2. ソフトウェアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

初めてのRTCL

先日のALL JA8に初めてRTCLを使ってみた。
これまでは国内コンテストでは、主としてZLOGを使っていたのだが、FT-2000が未対応だったので、乗り換えの候補としてRTCLを選択した。

毎度のことながら、コンテスト当日に準備を始めたので、まだ分からない部分が多いのだが、大きなトラブルもなく無事に完走出来た。

ZLOGを使っていた時は、無線機ごとにPCを用意してこれらのPCをネットワークで繋げて使っていた。ノートPCなので、COMポートが一個しかないのと、データーを分散して記録することによる万が一のリスクの軽減(データー消失)である。

RTCLは複数のPCで起動してネットワークで繋げて使うことは出来ないみたいなので、PCは1台だけの使用になる。
コンテストでは、SO2Rで2台の無線機を使用するが、RTCLはSO2RはサポートしているのでPCが1台でも問題はないのだが、リグコントロールのためにはCOMポートが二個必要となる。

そこで、今回はCOMポートが二個付いているディスクトップPCを使った。

CWのキーイングには、microHAMの"USB micro KEYER"とJG5CBR作のUSBIF4CWを使った。これらは、どちらもPCとはUSBで接続するので、COMポートを必要としない。

インストール後にCOMポートの設定を済ませると、FT-2000はすんなりと認識されたが、TS-950のコントロールがいまいち不安定。周波数を変更してもそれが反映されるのに暫く時間を要する。CWのキーイングはどちらも問題なし。

取りあえず、この状態で使ってみたが、大きなトラブルもなく無事にコンテストが終了した。

操作は、ZLOGからの乗り換えだと戸惑うことはないだろう。
コールサインを入力したらTABキーを押す。
ナンバーを入力したら↓を押す。
ZLOGと同じだ。

ただし、上記の方法は、AUTOモードになっていないと有効ではないので、注意が必要だ。
(気付くまでちょっと時間がかかりましたhi)

データー消失の保護に関しては、自動バックアップを5QSOごとに別のHDDに行ったが、QSO数が増えても特に問題は無かった。
拾い物のPC(PEN4 3.2GHz, Win2000)でもいけるみたいだ。問題は、PCのファンの音がうるさいこと。無線機、リニア、パソコンの全てのファンが回っていると、かなりの騒音が発生した。

二番手の候補のCTESTWINも使ってみたいが、これは次回の6m&Downの時に余力があれば・・・。

  1. 2008/06/30(月) 12:55:14|
  2. ソフトウェアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンテスト用ログソフト

今月の上旬に開催された石狩後志支部コンテストで、ZLOG for Windowsを使おうとしたら、FT-2000には非対応なのが分かった。その時は急遽TS-950を使って参加したが、今後を考えると、別のソフトウェアに乗り換えることを考えなければならないようだ。

これまでコンテストでは、
国内コンテストには、ZLOG for Windows
DXコンテストには、 N1MM
を使っていた。

今年の4月のALL JAでは、N1MMを使ったので、ZLOGからFT-2000のリグコントロールが出来ないことには気付いていなかった。

皆さんのBLOGを拝見すると、RTCLCTESTWINを使っているようだ。
今週末にALL JA8が開催されるので、試しにRTCLを使ってみようと思う。
  1. 2008/06/26(木) 12:49:07|
  2. ソフトウェアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

JH8SLS

Author:JH8SLS
第一級アマチュア無線技士

札幌市手稲区(010109)
jh8sls@jarl.com (@は半角で)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。