コンテスター兼Dx'erの無線生活

BS7H LoTWでコンファーム

今年のBS7HのQSOがLoTWで認証された。
ドネーションの度合いによって、ログがアップロードされた時期が異なるようで、ドネーションをしなかった自分のQSOは、11/22にアップロードされたようだ。
ちなみに、最下段のは1997年の運用の分。この時は、SSBでしかQSOしていないので、CWは今回のがニュー。

BS7H-Lotw

スポンサーサイト
  1. 2007/11/29(木) 12:30:02|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FT-2000 その6(コンテストでの実践使用)

今回のWWCWは、真面目モードでの参加だったので、使い込んだ立場からの評価を。

コンテストが始まってから一時間ぐらいしてから、JA8RWUがランニングしているのを見つける。どうもトーンがいつもと違う。無線機を変えたという話は聞いていないが・・・。
どのように違うかというと、(うまく表現できないが)トーンが若干濁った感じがする(ほんのちょっと)。濁っているというのは適切ではないのかもしれないが、これまでのトーンとは微妙に違う。さらに各符号の立ち上がりの音が若干クリック気味に聞こえる(これもほんの少し)。RWUの信号は、9+20dbぐらい。他の強いJAの信号(JA3YBKやJA5FDJ)を聞いても同じような感じで聞こえる。ということは、これがアナログ検波とDSP検波の違いなのか?何故に今まで気付かなかったのかと言い訳をすると、強い信号をじっくりと聞いたら分かる程度の違いなので、日々のワッチで弱い信号を聞いていた時には分からなかったのかもしれない。しかし、今回は正味40時間ぐらい無線機の前に座っていたが、違和感があったのは最初の短時間。直ぐに慣れたので、問題となることでは無かった。

コンテストの最中もやはりノイズが多かったが、ノイズブランカーが威力を発揮する場面が多々あった。もちろん、全く効かない時もあるが、この無線機はノイズブランカーを入れても極端に混変調に弱くなったりしないのでノイズがある時は重宝する。

受信帯域を連続で可変出来るのは非常に便利。ランニングしていて急にサイドからの被りがあったりした時に助かった。また、S&P(呼び回り)の時もほぼ同じ周波数に2局が出ていたりした場合に、WIDTHで帯域を絞ると信号が区別できることが多かった。巷で言われている帯域を絞った時のリンキングもあまり気にならない。それよりも、しっかりとゼロインしていないと信号が帯域外になって聞こえなくなることの方が問題。しかし、これはVFOを回して同調を取り直せば済むこと。

ローバンドでは、IPOオン(プリアンプがオフ)、ATTを-6db入れて、さらにVRFを効かせると、ノイズが格段に減少して非常に聞きやすくなる。もちろん、受信感度が下がり、目的の信号の強度も弱くなるが、まるでハイバンドの様に、ノイズが無い中で信号のみが聞こえるようになる。今回はローパワーでの参加だったので、これで聞こえなくなる強さの局は、どうせ呼んでも飛ばないから全く問題なかった。これまでは、ローバンドのS&Pで、VFOを下から上まで何度もスイープを繰り返していると、ノイズで耳が痛くなったのだが、今回はこれが無く非常に楽だった。

送信は、ずーっとフルブレークインだった。前にも書いたが、この無線機は送受の切り替えのリレーの音が非常に静かなので、ランニングの時にフルブレークインでもうるさくない。CQを出している時に、その周波数に他の局が出てきても直ぐに分かるので助かった。

機種の選択で100Wにするか200Wにするか迷ったが、やはり200Wにして正解だった。100Wでのランニングだと、ファンの回る頻度も少ない。また、ファンの音が小さくて静かなのも良い。今回は、3台のパソコンをネットワークで接続してロギングをしていたが、パソコンのファンの音が一番、うるさかったぐらい。

今回はローパワーなので、ランニングよりもS&Pの時間が多かった。FT-2000のメインダイヤルには、外周にイボイボの突起が付いているが、実はこれが邪魔だった。長時間ダイヤルに指を添えてVFOを回していると、この突起が指に当たって痛い。通常のワッチならば、グリップが良くなるのかもしれないが、私的には無い方が嬉しい。

以上、CWのコンテストに初めて使用したが、概ね満足している。
満足できなくても買い換えるようなお金は無いのだが・・・。

  1. 2007/11/27(火) 17:33:53|
  2. 無線機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DXCC申請 その11

8月中旬にDXCCの追加申請を送ったが、一向に処理された気配が無い。

List of DXCC Applications Receivedでは、現在は9/14の週の申請を処理しているようだ。申請書を受理した局のリストは8/24から11/22の期間に変わっているので、8/22に到着した自分のコールサインはリストからも消えた。

リストが更新されたのは先週の木曜日だから、タイムラグがあるにしても遅すぎる。しびれを切らして、DXCC deskに問い合わせのメールを出してみた。
どんな返事がくるだろうか?
  1. 2007/11/27(火) 12:25:36|
  2. DXCC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CQWWCW 2007

ブログの更新をさぼっていましたが、地道に無線はやっていました。
週末のWWCWにも参加しましたので、結果報告です。

SOABLP JH8SLS
Band QSOs Pts Cty ZN
3.5 89 210 43 22
7 236 583 72 31
14 635 1639 83 32
21 95 207 39 27
28 12 29 9 7
Total 1067 2668 246 119
Score 973,820

やはり、サイクルボトムのコンディションでした。ハイバンド、特に28MHzは近場しか開けませんでした。来年もこんな感じでしょうか?

最終日の今朝のローバンドは西方面が良く聞こえていました。3.5MHzでもZone 33が出来ました(IH9Mですが・・・)。

  1. 2007/11/26(月) 18:44:37|
  2. コンテスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

JH8SLS

Author:JH8SLS
第一級アマチュア無線技士

札幌市手稲区(010109)
jh8sls@jarl.com (@は半角で)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する