コンテスター兼Dx'erの無線生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勝てないコンテスターのぼやき

先日発表になったALL JAは3位でしたが、1位のJS6RGYは別格のスコアー、2位のJR8VSEにもかなり水をあけられています。4位はJA8RWUでしたが僅差。RWUが国内コンテストでシングルオペの経験を積めば、抜かされる日も近いでしょう。

VSEには、ここ数年勝ったことがありません。もしかしたら、真剣勝負では全敗かもしれません。

さて、勝てない原因を分析してみましょう。

設備を勝てない理由にするのは、「負け犬の遠吠え」ですが、設備は明らかに違います。
VSEのアンテナ全景です。
JR8VSE-ant

対するSLSのアンテナ全景です。
SLS-ant

ついでにRWUの全景です。
JA8RWU-ant

VSEとSLSは、どちらも鉄塔(パンザ)は2本ですが、アンテナが違います。
RWUの鉄塔は4本(写っていない1本有り)。

SLS VSE RWU
80m CD-78 CD-78L CD-78L
CD-78
40m 714T(2ele) 3エレ 3エレ
20m 714T(4ele) 4エレ 6エレ
3エレ 4エレ 4エレ
15m 714T(4ele) 4エレ 6エレ
3エレ 4エレ 4エレ
10m 4エレ 6エレ 6エレ
4エレ
6m 6エレ 6エレ 6エレ

3局とも、後述のSO2Rやスキャッターでの伝搬のために、20mと15mは2系統のアンテナを上げています。RWUは、10mも2系統です。それぞれのバンドのアンテナを比べると、

3.5MHzは、3局ともCD-78系ですが、VSEとRWUはCD-78Lです。
7MHzは、SLSのみがトライバンダーの2エレ、VSEとRWUは、モノバンドの3エレです。
14MHz, 21MHzは、RWUのみがどちらのバンドもモノバンドの6エレですが、SLSとVSEはマルチバンダーの4エレです。
28MHzは、SLSのみがトライバンダーの4エレ、VSEとRWUは、モノバンドの6エレです。

出力はSLSは500W、VSEは1kW。RWUも、もちろん1kW局です。

設備は、それを構築して維持するのもコンテストの戦略(技量)の一つです。大きなアンテナを上げて維持するのは、それなりの苦労が伴います。
パワーも同じです。自分のところは、近所のインターフェアーが怖いので500Wが限界ですが、VSEは、きっちりと対策をして24時間、1kWでフルオペ可能な環境を構築しています。

次に地理的要因ですが、
8エリアから国内コンテストに参加する場合、50MHzから上のVUHFはお客さんがいませんので、必然的にHFが勝敗の鍵になります。
3.5MHz, 7MHzは、大票田の1エリアにちょっと近いSLSの方が有利
14MHzは差は無し。
21MHz, 28MHzは、札幌よりも北のVSEの方がオープンも早く、落ちるのも遅いので、VSEの方が有利です。

VSEとはコンテスト終了後に反省会という名目のスコアーを鳴き合わせの「飲み会」をやってますが、3.5MHzはSLSの方が局数が多いことも珍しくありませんでした。しかし、今年の春にVSEが、3.5MHzにCD-78Lを投入してからは、このアドバンテージも無くなりました。7MHzはVSEに軍配があがります。7MHzは、VSEがモノバンドの3エレに1kw出力というのもありますが、後述する「腕の差」が大きいです。

それでは、腕(テクニック)の差です。
VSEとはマルチオペで何度も一緒にコンテストをやっていますので、VSEのオペレートを横で聞く機会は多いです。
そこで、感じるのは「VSEのオペは上手い」につきます。激しいパイルアップを浴びても、たいていは一回でフルコールでコピーしています。また、弱い信号を聞き分ける能力も高いです。
ALL JAや全市全郡のスタートダッシュでは、VSEは最初の1時間で100QSOをこなすことは珍しくありません。以前、VSEのシャックから全市全郡にマルチオペで参加した時のスタート時の7MHzのパイルは、自宅からやるのとは、比べ物にならないぐらい大きかったです。パイルがデカイと、そのパイルを上手くコントロールをしなければレートは落ちます。何とか100QSO/hrはこなしましたが、VSEがオペしていたなら、120QSOぐらい出来たかもしれません。
設備が良くてもそれを使いこなせる「腕」が無いと、宝の持ち腐れになってしまいます。その点では、今の自分の設備は身の丈にあっているのかもしれません。

21MHz, 28MHzはEsが開けてくれれば良いのですが、たいていはスキャッターの伝搬です。呼んでくる局の信号は弱いことが多いので、その信号をきっちりと拾う能力が重要です。これに関してもVSEには二歩ぐらい劣っている気がします。

最近のコンテストでは、勝つためにはSO2Rはテクニックの一つです。SO2RすなわちSingle Operator 2 Radio、要は同時に2台の無線機の信号を聞きながら運用する方法です。実際には、どこかのバンドでCQを出している時に、もう1台の無線機で違うバンドを聞いて、未交信の局を探して呼びまわりQSOする運用スタイルです。もちろん、シングルオペでは2波の同時送信は禁止ですから、ランニングを中断して呼び回ることになります。飲み会で、VSEに生ログを見せてもらうと、このSO2Rを上手く使いこなしている印象を受けます。さらに、VSEは、最近はSO3Rに移行しつつあるようです。自分は、まだまだ修行が必要です。

以上、いろいろと書きましたが、VSEに勝つためには何らかのトラブルが生じてVSEが落馬する以外はないだろうというのが本音です。

20年以上前は、ひたすらランニングを続けて、時々、マルチ探しをしていれば勝てる時代もありました。使う無線機はHFと50MHzにそれぞれ1台で十分でした。ログも手書きだったので、リアルタイムのデュープチェックは行わずに、頭の中の記憶が頼りでした。バンドチェンジのタイミングも固定化されていました。通常は2100JSTの開始から朝方の0700JSTまでは3.5MHzと7MHzでラニングをして、その後は14MHzでランニング。ハイバンドのコンディションを見ながら、夕方までは14MHz-28MHzで運用。夕方からは、再びローバンドというパターンでした。ハイバンドが開けないと、午後はお客さんが尽きて、10QSO/hrぐらいのレートで彷徨うことも多かったです。パソコンを使ってリアルタイムのデュープチェックやパソコンからのキーイングが導入されると、コンテストの戦略は大きく変わりました。未交信の局を探して積極的に呼びまわることや、午後の暇な時間帯には、SO2Rでレートを落とさずに局数を積み重ねることやマルチを探すことが重要になりました。コンテスト人口も減ってきたので、出来る限り、出ている局を取りこぼさずに拾うことが重要になってきています。

コンテストを始めて日が浅い方は、上位入賞局のスコアーを見て、「何かズルをしているんじゃないの?」と感じる方もいるかもしれません。これまで書いたように、上位局は設備のみでなく、運用麺でも切磋琢磨してスコアアップを図っています。自分も全国優勝は遥か彼方の夢物語と化していますが、少しでも順位があがることとVSEの落馬を期待して、コンテストに参加しています。

でも、VSEは落馬しねぇーんだよな。落ちそうになっても馬の尻尾にしがみついてでも完走しやがるんだよな。

スポンサーサイト
  1. 2009/09/27(日) 17:32:49|
  2. コンテスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

VP8NO LoTWでコンファーム

今朝QSOしたVP8NOだが、LoTWにログをuploadしたら、既に相手がデーターをあげていてくれたようで認証された。素早い対応に感謝。

宮崎に着きましたが、暑いですね。

VP8NO

  1. 2009/09/26(土) 17:15:58|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨晩 9/25と今朝 9/26のDX (FT5GA, VP8NO)

昨晩は2200JST頃に帰宅。

無線機の電源を入れて巡回するが、めぼしいところは聞こえない。そのままワッチを続けていると、2230JST頃に10110KHz付近でJAのパイルがあった。ご本尊は10105.0KHzのFT5GA。信号は強くはないが、了解度は5。upで呼び始めるが、パイルに負けて飛ばない。そのうちに、クラスターにレポートがあがってしまい、パイルはますます大きくなった。30分ぐらい呼んだが、2300JSTちょっと前に、いつもの"QRX 30min"でいなくなってしまった。

今朝は0500JSTに起床。

無線機のバンドが10MHzになっていたままだったので、そのまま10MHzから聞き始める。弱い信号がいろいろ聞こえている。10121.8KHzでJA8BARがどこかとQSOしている。相手はVP8NOだが、信号は非常に強い。FALKLANDは、30mはバンドニュー。呼ぶと一回でリターンがありQSO成功。QRZ.COMでは、LoTWでOKのようなので、簡単にコンファーム出来るでしょう。

3.5MHzでは、35012.5KHzのOJ0Bがパイルになっていた。信号は539ぐらいで聞こえていた。OJ0Bは、2007年にQSOしているので、呼ばずにワッチを続ける。3508.2KHzではYL3FTがCQを出していた。

7MHzは、7008.2KHzに9J2FMが出ている。559ぐらいの信号。コンディションはまずまずのようだ。7021.6KHzでSO70Nが599スタイルで捌いていたので、呼んでQSO。

10MHzのP29CWのレポートがあがったので聞いてみる。オンフレでJAもピックアップしている。ほどなくして、upに変わったので呼んでQSO。今朝二つ目のバンドニュー。30mは、まだまだ簡単に増えますhi。

14MHzは、いつもの5N/LZ1QKの信号のみが14002.2KHzで聞こえていた。アフリカ方面のパスはあるようなので、出てくれさえすれば聞こえるのだろう。

再び7MHzに戻ると、7002.0KHzでJD1BLYが軽快に捌いている。7016KHzにEuのパイルがある。7014.5KHzのFP/G3ZAYを呼んでいるようだが、ご本尊の信号は全く聞こえない。

10107.0KHzでUT5IDが聞こえていたので、呼んでQSO。これで、今朝の無線は終了。

今日から木曜日まで宮崎に行くので、無線は暫しお休み。戻ってきた頃には、FT5GAのパイルも小さくなっているだろうか?

昨晩聞こえた局
22:30 10105.0 FT5GA

今朝聞こえた局
05:10 10121.8 VP8NO
05:18 10108.0 HL0LPM/3
05:24 10120.8 4Z5LA
05:30 3512.5 OJ0B
05:33 3508.2 YL3FT
05:39 7004.8 TA1C/2
05:40 7008.2 9J2FM
05:44 7021.6 SO70N
05:55 14002.2 5N/LZ1QK
06:02 7002.0 JD1BLY
06:19 10107.0 UT5ID

今朝の成果
VP8NO (30C) バンドニュー
HLl0LPM/3 (30C)
SO70N (40C)
RN3GL/FF (40C)
P29CW (30C) バンドニュー
9A4W (30C)
UT5ID (30C)

  1. 2009/09/26(土) 08:12:19|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨晩 9/24と今朝 9/25のDX (TO7RJ, FT5GA)

昨晩は、2300JSTちょっと前に帰宅。

直ぐに、無線機の電源を入れて聞き始める。10110KHz付近がJAのパイルになっている。8エリアの局もたくさん呼んでいる。ご本尊は10105.0KHzのFT5GAのようだ。呼ぼうと思った矢先に"QRX"と打っていなくなってしまった。

戻ってくるのを待ちながら、ワッチを継続。10107.7KHzにTO7RJが出てきた。upでJAをピックアップしている。30mのFHはニューなので呼び始めるが、パイルが大きくて難しそうだ。周波数をちょこちょこ変えながら、呼び続けるが飛ばない。クラスターを見ると、10116.9KHzの4W6ALのレポートがあがっている。30mの4Wもニューなので、こちらを狙うことに作戦変更。4Wはパイルもほとんど無く、あっけなくQSO成功。再びTO7RJのパイルに参戦する。20分ぐらい呼んだ頃に、何とか拾ってもらってバンドニューをゲット。

FT5GAを探してワッチを続けるが、出てこない。10122.9KHzのZS6BQIの信号は非常に強かったので、コンディションは良さそうだっただけに残念。

今朝は0600JSTに起床。昨晩は珍しく日付が変わる時間まで起きていたので、寝坊をしてしまった。
時間が無いながらも取りあえずワッチをしてみる。10109KHz付近がJAのパイルになっている。ご本尊は10106.5KHzのFP/G3ZAYのようだが、「これかな?」のレベル。

7MHzも7008KHzぐらいがJAのパイルになっている。スプリットかと思い、その下側を探すがご本尊が見つからない。7006.9KHzでYL2GQTがCQを出していたので、呼んで今朝の1QSOを確保。先ほどのパイルは、スプリットかと思っていたが、オンフレだったようだ。7008.0KHzでJW6VMの信号が聞こえていた。呼ぼうとしたらupの指定になったが、信号は徐々に弱くなっていく。5分ぐらい呼んだが、時間切れで終了。

クラスターには、10105.0KHzのFT5GAのレポートがあがっていたが、存在が分かるぐらいの信号だった。

昨晩聞こえた局
22:55 10105.0 FT5GA
23:35 10107.7 TO7RJ
23:55 10116.9 4W6AL
23:59 10122.9 ZS6BQI

昨晩の成果
4W6AL (30C) バンドニュー
TO7RJ (30C) バンドニュー

今朝聞こえた局
06:10 10106.5 FP/G3ZAY
06:22 7006.9 YL2GQT
06:24 7008.0 JW6VM
06:29 10105.0 FT5GA

今朝の成果
YL2GQT (40C)

  1. 2009/09/25(金) 07:03:41|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FT5GA Log search

FT5GAのLog searchは、ほぼ一日に一回ぐらいの頻度で更新されている。

昨日の朝の80mのQSOも無事に確認出来た。当初の目標はどこかのバンドでCWで、欲を言えば80mでQSO出来れば良いと思っていたので、取りあえず目標は達成。これで今週末からの出張に安心して出かけられます。

FT5GA

  1. 2009/09/24(木) 12:32:41|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/24 (TO7RJ, SP7HKK)

0200JST頃にFT5GAを探すために起きたが空振り。30分ぐらいワッチをして寝たが、0330JST頃に10MHzに出て来たようだ。なかなかタイミングが合わない。

今朝は0515JSTに起床。
7MHzから聞き始める。7006.0KHzにOK1DKZが出ている。未交信の局だったので、呼んでQSO。他にも信号はいろいろと聞こえていたが、3.5MHzへQSY。

3510KHzから上がJAの猛パイルアップになっている。ご本尊は3510.0KHzのTO7RJで信号は強い。。昨日のFT5GAよりも大きなパイルになっている。FT5GA狙いの早起き組の皆さんが呼んでいるのだろう。"up3"と打っているが、3513KHzはグシャグシャのパイル。パイルの端の3516KHzぐらいで呼んだら、リターンがありQSO成功。
3506.9KHzにOE3DIAが出ていたが、信号は弱かった。

10MHzは、10106.9KHzでSP7HKKがJAの局とQSOしていたので、終わるのを待って呼ぶ。599のレポートを貰いQSO成功。

14MHzは、Euの信号は聞こえないが、14025.3KHzでK1NVYのCQが聞こえていた。

再び7MHzを聞くと、7008.9KHzにJD1BLYがいた。EN500I/PやSN0PLが聞こえていたが、信号は弱い。

0600JSTを過ぎても10MHzのEuの信号は強い。未交信のEW8OとQSOしたが、100Wに2ele QUADとのことだったが、非常に強い信号だった。14MHzでは、14004.4KHzで5N1/LZ1QKのCQが聞こえていた。Af方面とのパスはあるみたいだ。

今朝聞こえた局
05:23 7006.0 OK1DKZ
05:28 3510.0 TO7RJ
05:38 3504.3 VK6IR
05:39 3506.9 OE3DIA
05:44 10106.9 SP7HKK
05:49 10102.0 VK2IA
05:56 14025.3 K1NVY
06:00 7008.9 JD1BLY
06:04 7015.0 EN500I/P
06:12 7004.2 SN0PL
06:17 10108.6 EW8O
06:18 10104.0 JD1BLY
06:19 10116.8 LZ1ZJ
06:24 14004.4 5N/LZ1QK

今朝の成果
OK1DKZ (40C)
TO7RJ (80C)
SP7HKK (30C)
EN500I/P (40C)
EW8O (30C)

  1. 2009/09/24(木) 06:55:41|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FT5GA on 80m

0415JSTに起床。

FT5GAのローバンドは望み薄なので、起きるのにも気合が入らない。しかし、起きないことには何も始まらないので、眠いのを堪えて無線機の前に座る。
3.5MHzも7MHzもぱっとしない。10105.0KHzのFT5GAのレポートがあがっているが、本物かどうか疑わしい。何も聞こえない劣悪のコンディションなので、再び寝ようかとも思うが、惰性でワッチを続ける。

3508.0KHzのFT5GAのレポートがあがったので聞いてみる。ご本尊の信号は聞こえているが弱い。それでも、これまで聞いた中では一番強い。しかし、QSBの谷では信号は分からなくなってしまう。upではたくさんのJAの局が呼んでいるのだが、ウチでは呼べるようなレベルじゃない。

FT5GAのちょっと下の3507.1KHzにZS2DLが出ているが、この局の信号も弱い。JE2UFF堀江OMがQSOしていたが、ウチではこれも呼べるような信号じゃなかった。いつもは、南アフリカ方面は日の出の早い8エリアから開けていくので、日の出前の04時台は、本州よりは聞こえることが多いのだが・・・。ZS2DLもかなりのパイルアップになっている。FT5GA狙いの早起きの局が呼んでいるのだろうか?

FT5GAの信号が上がることを期待してワッチを続けるが、信号は相変わらず弱い。札幌の日の出は0522JSTなので、0445JSTでは、まだ早いのかもしれない。バンド内を巡回していると、ZS2DLが先ほどよりもちょっと下に移動してCQを出していた。信号は強くなっており、559ぐらいで聞こえる。誰も呼ばないので、呼ぶとリターンがありQSO成功。時間は0519JST。日の出が近づいてきて、コンディションがあがってきたようだ。

3508.0KHzのFT5GAの信号が強くなってきた。出来そうと勘違いしそうな勢い。JAもピックアップされ始めたので、呼び始める。
「やっちまったー」
オンフレで一回だけど、呼んでしまった。
気を取り直して、パイルに参戦。3509-3515KHzぐらいまではグシャグシャのパイルになっている。リターンがあるのは、1エリアや7エリアの東日本が多い。3514KHz近辺をピックアップしているので、混雑を避けて3515KHzぐらいで呼ぶ。他に一緒に呼ぶJAの局がいる周波数では、呼び負けるので、誰も呼んでいない隙間を探して呼ぶ。
「おっ、リターンがあった!」
このパイルでコールバックがあるとは、驚くと同時に非常に嬉しい。当地の日の出と重なったのが幸運をもたらしたようだ。

FT5GAは、その後"QRX 10min"と打っていなくなったが、10分ぐらい経った0538JSTに戻ってきて、再びJAをピックアップしていた。信号はまだしっかりと聞こえていたが、0545JSTぐらいから、すっーっと落ちていった。0600JSTを過ぎても聞こえていたが、自分がQSOした時よりは格段に弱くなってしまていた。

FT5GAのローバンドは無理だろうと諦めていたので、非常に嬉しいバンドニュー。

今朝聞こえた局
04:34 3508.0 FT5GA
04:38 3507.1 ZS2DL
05:36 3504.9 4S7NE

今朝の成果
ZS2DL (80C)
FT5GA (80C) バンドニュー
T2G (17C)

  1. 2009/09/23(水) 07:21:28|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FT5GA なんとか一つ

昨晩は、早く帰ることは不可能だったのでFT5GAは諦めていた。
帰宅したのは2215JST頃。一昨日だと、14MHzのFT5GAの信号が弱くなってしまっていた時間。

それでも、シャックに入り無線機とパソコンの電源を入れて聞き始める。クラスターを見ると、14041KHzのCWと18073KHzのCWにいるようだ。14MHzから聞いてみる。

FT5GAの信号は、非常に強い。599プラスで聞こえている。今まで比べると、「本物か?」と疑うぐらいの強さ。"QRZ JA"なので、直ぐに呼び始める。JAがスキップしているので、どこらへんの周波数をピックアップしているのか分からない。呼んでいる8エリアの局は聞こえるが、残念ながら8エリアの局にリターンはない。取りあえず、14050KHzぐらいで呼び始めて様子をみる。周波数を変えながら10分ぐらい呼ぶが、全く手ごたえなし。おそらく、かなりのパイルアップになっているのだろう。ご近所の局も呼んでいたので、あまりご本尊に近寄ると被るかなと思いながらも、エッジに近いであろう14043KHzで呼んだらリターンがあった。その後は、8エリアの局が続けてピックアップされていったが、周波数はバラバラ。同じ周波数で続けて拾ってはいなかった。一昨日と同じ「くじ引き」の状態。

取りあえず、CWで1バンド出来たが、あまりにも信号が強かったので、本物なのかちょっと不安。

もう1バンドと欲を出して、0130JSTに起きて聞き始めたが、FT5GAはいない。3.5MHZでE74AWのCQが聞こえていたので呼んでみるが、QRZすら返ってこない。0230JSTに再び就寝。

FT5GAが気になり、0330JSTに再び起きて聞いてみる。14MHzのSSBと10MHzのCWに出ているようだが、どちらも聞こえない。呼んでいるEuのパイルも弱い。

さて、このまま起きているか、寝るべきか思案中。

月曜日の晩まで不在なので、FT5GAの追っかけはQRXです。

昨晩の成果
FT5GA (20C) バンドニュー

  1. 2009/09/19(土) 04:22:54|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FT5GA 聞こえはしたけど・・・

昨晩は、ちょっと早めの2130JST頃に帰宅。
直ぐに無線機の電源を入れて聞き始める。14004.6KHzにFT5GAが出ている。昨晩は、しっかりと信号は聞こえた。ピークでは559から579ぐらいだが、深いQSBがある。"QRZ JA"なので、次々とJAの局がピックアップされている。ピックアップしている周波数は、同じ周波数近辺を拾い続けていたと思ったら、かなり大きく動かしたりしているくじ引き状態。20分ぐらい呼んだが、だんだん信号が弱くなっていったので、途中で諦めた。インド洋方面は、2200JSTを過ぎても、まだまだパスはあると思っていたが、早い時間の方が良いみたいだ。昨晩は、ピックアップした局のコールサインを2回もしくは3回繰り返して打っているのに、関係ない局がたくさん呼んでいた。何とかならないのだろうか。

夜中は0230JSTに起きて、聞いてみる。クラスターには、10MHzのCWのレポートがあがっている。"QRZ JA"となっているが、ご本尊の信号は聞こえない。ちょうど、10105KHz付近にジャミングあり、弱い信号がマスクされてしまう。3.5MHzと7MHzを巡回したが、どちらのバンドもコンディションは悪そう。このまま起き続けているのは無理なので、再び就寝。

0500JSTに目覚ましをかけて起床。FT5GAは3508.0KHzに出ている。up2ぐらいでJAの局が呼んでいるが、ご本尊の信号は非常に弱い。QSBの山で何とか分かる程度。呼べるようなレベルじゃない。FT5GAのちょっと下に4S7NEが出ていたが、こっちも信号は弱かった。

0530JST頃に7002.0KHzにFT5GAが出てきたようだが、聞こえない。ちょうど、パタパタのノイズの真下の周波数。upで呼んでいるJAもいなかったようなので、皆さん聞こえていないみたい。

さてさて、非常に苦戦しそうな予感のFT5GAだが、どこかのバンドでCWでQSO出来るのだろうか?

昨晩聞こえた局
21:30 14004.6 FT5GA

今朝聞こえた局
05:01 3508.0 FT5GA
05:15 3507.5 4S7NE
05:20 7010.4 SN0PL
05:28 7013.4 RN3ZDD
05:43 10116.1 UP44FF/A

  1. 2009/09/18(金) 06:28:28|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TO3R (Reunion Is.)コンファーム?

昨年の12月に80mでTO3R(Reunion Is.)とQSOした。今年の春にSASEを送ってあったが、返事は無し。そろそろ、再請求しようかと思っていた矢先に、今朝managerのRW3RNがメールが届いた。

Hello!
Today I sent for you QSL direct.
73! Alex ( RW3RN-QSL-Service)
rw3rn@tmb.ru

到着するまでは安心出来ませんが、やっとコンファーム出来そうです。


  1. 2009/09/17(木) 12:55:35|
  2. DXCC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FT5GA さっぱり聞こえず

FT5GAは、初日にエキシビション運用を行った後は、一旦QRTしてアンテナ設営、シャックの構築を行ったようだ。昨晩から復帰して、2バンドの同時運用でQRVしている。

公式Webでは、初日は、20mの他に80mにもQRVしたと記載があるので、昨日の朝の3.5MHzのCWは本物だったようだ。本物の電波があれだけ弱いとは・・・。マイッタな。

今朝は、14MHzと10MHzのCWに出ているようだが、どちらも聞こえない。10MHzは呼んでいるEuは、14MHzはUSAの局は聞こえていたが、ご本尊の信号は聞こえなかった。3週間の運用が予定されているから、慌てずに待つことにします。

今朝の成果
EX/RU3TT/FF (40C)
LZ1VZ (20C)

  1. 2009/09/17(木) 06:11:58|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FT5GA始まる

昨日の夕方ぐらいから、QRVが開始されたようだ。

インド洋なので、パス的には問題無いと思っていたのだが、聞こえない。昨晩は2130JSTぐらいから聞き始めたが、14200KHzにいるらしいご本尊が全くかすりもしない。upでは、Euの局のパイルが聞こえているのだが。

今朝は0515JSTに起床。3504.0KHzに出ているようだが、これも聞こえない。up2ぐらいで呼んでいたJAの局が2局いたので、ウチで聞こえなかっただけかもしれないが。昨日の朝は、ZS1JXやZS6BQIが聞こえていたので、コンディションは大丈夫かなと思っていたが、苦戦しそうだ。

FR/Gは、20mのSSBしかQSOしたことがないので、CWで何とかQSOしたい。欲を言えば、80mでも。しばらくの間は、FT5GA中心の生活になりそうです。

今朝聞こえた局
05:36 7006.1 RK3AOL
05:38 7012.0 KH2L
05:39 7018.3 EU1GC
05:40 7024.9 LU1DZ
05:44 7001.9 SV9GPJ
06:04 7005.0 YP2GEO

今朝の成果
RK3AOL (40C)

  1. 2009/09/16(水) 06:27:13|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/15

0430JSTに起床。

3.5MHzから聞き始める。今朝は昨日の朝よりもノイズレベルが高い。3501.0KHzでZS1JXのCQが聞こえる。バンド内を何周かするが他には聞こえないので、7MHzへQSY。

7MHzhaEuの信号が聞こえている。7020.8KHzのLZ2ITUが未交信だったので、呼んでQSO。7009.9KHzでCT1CJJが聞こえていたので、Euの奥の方まで開けているようだ。

再び3.5MHzを聞くと、3504.0KHzでOH5BMがJAのパイルになっている。ちょっと上にずらして呼んでQSO成功。単なるOHでもパイルになるのだから、FT5GAが出てきたら、どんなパイルになるのだろう?その後、3.5MHzを巡回していると、3507.5KHzでZS6BQIがCQを出していた。アフリカ南部とのパスは良好のようだ。

10MHzもEuが開けている。10109.4KHzで未交信のSP8GGVがCQを出していたので、呼んでQSO。

14MHzでは、14018.3KHzで久しぶりに3A2MDの信号が聞こえていた。今年もアクティブに80mにQRVして欲しい。
14005.0KHzにT30GMが出ている。JAもピックアップされている。14013.0KHzのIY0GMNは、グリエルモ・マルコーニ (Guglielmo Marconi)のノーベル賞受賞100年を記念しての運用らしい。

今朝聞こえた局
04:39 3501.0 ZS1JX
04:43 7012.0 LZ1CJ
04:46 7016.9 E79D
04:55 7005.8 TA1C/2
05:01 7020.8 LZ2ITU
05:04 7009.9 CT1CJJ
05:07 3504.0 OH5BM
05:14 3507.5 ZS6BQI
05:31 10109.4 SP8GGV
05:39 14018.3 3A2MD
05:41 14005.0 T30GM
05:43 14013.0 IY0GMN
05:49 7004.4 ON4AEK
05:54 7001.9 EW7LO
06:04 14001.0 EA3AR

今朝の成果
LZ2ITU (40C)
OH5BM (80C)
ZS6BQI (80C)
SP8GGV (30C)
IY0GMN (20C)

  1. 2009/09/15(火) 06:42:56|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/14 (9M2TO, LW5EE)

0500JSTに起床。

3.5MHzから聞き始める。3503.6KHzでJE2UFF堀江OMが9M2TOとQSOしているのが聞こえる。9M2TOの信号は強い。QSOが終わるのを待って呼んでQSO。3.5MHzで聞こえたのは、この局のみ。

7MHzもEuの信号が弱い。U-Zoneの局は数局聞こえているが、どの局も弱い。未交信のUE6III/6を呼んでQSO。

10MHzも今朝はダメ。クラスターには、昨日の朝と同様にZB2FXのレポートがあがっているが、今朝は全く聞こえない。10108.0KHzのTM9CDXの信号も昨日より弱い。

14MHzもEu方面は良くない。14008.0KHzでHB9AEJのCQが聞こえていたので呼んでみるが、空振りに終わる。

再び10MHzに戻ると、10106.9KHzでLW5EEのCQが聞こえていた。この時間に南米が開けることを初めて知った。呼ぶとリターンがありQSO成功。30mのLUは、16年前に1局QSOしているが、QSLは未回収。この局は、LoTWでコンファーム出来るので、今度は大丈夫でしょう。

今朝聞こえた局
05:10 3503.6 9M2TO
05:17 7011.2 LZ3DL
05:21 10108.0 TM9CDX
05:22 10109.3 UK9AV
05:34 7019.9 UE6III/6
05:35 7005.6 UX4LL
05:38 7016.0 RN3ZDD
05:43 14008.0 HB9AEJ
05:45 10119.3 5N/LZ1QK
05:54 10106.9 LW5EE

今朝の成果
9M2TO (80C)
UE6III/6 (40C)
LW5EE (30C)

  1. 2009/09/14(月) 06:20:48|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のDX 9/13 (T30GM, FO/G3BJ, FR/F5LPY)

日中は雑用を片付けながら、時々、無線機の前に座ってワッチ。

朝食後に18MHzでT3OGMとQSOして、バンドニューをゲット。TO30GMは、他にも15mと12mのCWでQSO出来た。

FO/G3BJがAustral Isからの運用なので、WARCバンドではニューなので探す。1500JST前に10MHzに出ていたが、"QRZ EU"で残念ながら呼べずじまい。10MHzをワッチしていたら、KH7XSが出ていた。Logger32でQSO状況を調べたら、KH6は30mでは未交信だった。早速、呼んでQSO。

FO/G3BJは、20mにQSYしたようだ。こっちでは、EU指定ではなかったのでQSO。

2100JST前に14MHzのCWにFR/F5LPYが出てきた。FT5GAのメンバーが、Reunion Is.に無事に着いて、FRから電波を出しているようだ。信号は弱いながらも聞こえている。FT5GAの公式Webページの情報では、早ければ火曜日にFR/Gから出てくるかもしれないみたいだ。楽しみだ。

今日のDX
T30GM (17C, 15C, 12C) 17Cと12Cはバンドニュー
VR2009EAG (17S)
KH7XS (30C) バンドニュー
S556WPC (20C)
R3MMMM (20C)
AO5WSP (20C)
Z30V (20C)
LY2J (20C)
FR/F5LPY (20C)

  1. 2009/09/13(日) 21:18:10|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/13 (T30GM, ZB2FX)

昨日は、ローカルのアンテナ工事にお出かけ。
帰宅して、夕方から無線機の前に座り、20mでT30GM, 4U30VICとQSO出来た。

今朝は0515JSTに起床。

7MHzから聞き始める。

7007.5KHzに4U30VICで出ているが、信号は弱い。7003.8KHzのHF65PWは、40mでは未交信だったので呼んでQSO。4U30VICが7002.0KHzにQSYしたみたいだ。先ほどよりは、ちょっとだけ信号が強くなっている。呼んでみるがEuの壁が厚く、JAの局は時々ピックアップされる程度。5分ぐらい呼んでいたら、"QSY 80m"と打っていなくなってしまった。

10MHzは、10105.0KHzにT30GMが出ている。"QRZ?"を出しているので、up2ぐらいで呼ぶが応答がない。simplexで呼んでみるが、同様に返事がない。そのうちに、いなくなってしまった。

10127.1KHzのZB2FXの信号は、そこそこ強い。呼んでみるが、かなりのパイルになっているのでキツイ。

T30GMが再び10105.0Khzに出てきた。今度は呼ぶとリターンがありQSO成功。30mのT30は、バンドニュー。

14MhzのCWにFS/W6IZTのレポートがあがっていたので、ビームを北東に向けてバンド内をワッチ。FSの信号は聞こえなかったが、14002.0KHzにP41USAが出ていた。呼ぶとリターンがありQSO成功。

今朝聞こえた局
05:20 7007.5 4U30VIC
05:25 7003.8 HF65PW
05:28 7008.0 DK9PY
05:31 10105.0 T30GM
05:38 10127.1 ZB2FX
05:54 10121.0 UU4JDD/P
05:57 10102.9 4Z5LA
06:01 10105.0 T30GM
06:02 10106.7 TM9CDX
06:07 10118.2 LA3WAA
06:10 14003.0 5N/LZ1QK
06:15 10108.0 F2YT
06:50 14002.0 P41USA

今朝の成果
HF65PW (40C)
UU4JDD/P (30C)
4Z5LA (30C)
T30GM (30C) バンドニュー
TM9CDX (30C)
P41USA (20C)

  1. 2009/09/13(日) 08:32:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/11 (SV2AVP, GM0NAI)

昨晩は。帰宅後に7MHzでT30GMとQSO。PG5MのPacific tourで数日前からQRVが始まっていたが、タイミングが合わなくて、昨晩、初めて信号を聞いた。

14MHzでは、VO2/NF6Jが弱いながらも聞こえていた。昨日は呼んでいるEuの局は少なく、JAからもQSO出来ていた。

寝る前にクラスターを見たら、18MHzのOJ0Bのレポートがあがっていたので聞いてみる。信号は弱いがCQを出しているのが聞こえていた。スタンバイをしても誰も呼ばない。てっきり、パイルになるかと思ったのだが、簡単にQSO出来てしまった。久しぶりの18MHzのバンドニュー。

今朝は0445JSTに起床。

3.5MHzから聞き始める。3505.0KHzでEW2MAがJA4DND局とQSOしているのが聞こえる。QSOが終わるのを待って呼ぶが、"QRZ"すら返ってこない。何度か呼んでみたが、やはり飛んでいないようなのでやめた。
3516.1KHzにSN70Wが出ていたので呼んでみる。JAから呼んでいるのに気付いてもらえて、"QRZ JA"になったが、そこからが飛ばない。JAからは他に誰も呼んでいないので、呼び続けてなんとかQSO成功。久しぶりに3.5MHzでEuとQSO出来た。その後、3505.9KHzでSV2AVPがCQを出していたので、今シーズンのご挨拶がてら呼んでQSO。今朝は久しぶりに賑やかな3.5MHzだった。

7MHzはEuの奥まで開けている。7016.2KHzのGM0NAIの信号は非常に強く、最初はJAの局の信号かと思ったぐらい。7002.0KHzではEA8CKがJAとQSOしている。何度か呼んだが、かなりのパイルアップになっていたので諦めた。

10MHzは、10109.6KHzで5N/LZ1QKが聞こえている。

3505.0KHzのEA8TTのレポートがあがっているのに気付いたので聞いてみる。数局のJAが呼んでいるが、ご本尊の信号は存在がわかる程度。”good sigs"のコメント付だったのだが。
3510.0KHzでU-Zoneの局がEA2IFとQSOしている。EA2IFの信号は先ほどのEA8TTと同じく「これかな?」のレベル。

再び10MHzを聞き始める。Euの信号がたくさん聞こえている。10114.9KHzでGA3YORが599スタイルで捌いていたので呼んでみるが、パイルに負けてあえなく撃沈。

昨晩の成果
T30GM (40C)
VO2/NF6J (20C)
OJ0B (17C)

今朝聞こえた局
04:56 3505.0 EW2MA
05:05 3516.1 SN70W
05:08 3505.9 SV2AVP
05:13 7015.2 UK8OK
05:17 7016.2 GM0NAI
05:22 7002.0 EA8CK
05:34 7027.1 RU1ZO
05:36 7010.0 IZ8DVD
05:36 7012.8 TA1C/2
05:38 10109.6 5N/LZ1QK
05:40 10117.1 ER5GB
05:51 3505.0 EA8TT
05:53 3510.0 EA2IF
05:55 10106.1 LZ1NJ
05:57 10114.0 IS0GQX
05:58 10117.0 SV0XBM/9
06:06 10114.9 GA3YOR

今朝の成果
SN70W (80C)
SV2AVP (80C)
GM0NAI (40C)
SV0XBM/9 (30C)

  1. 2009/09/11(金) 06:47:36|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/10 (OX3XR, A61BK/DM)

昨晩も帰宅後に14MHzをワッチ。14028.5KHzのOJ0Bの信号が非常に強かった。
3.5MHzではVQ9LAの信号が聞こえていた。インド洋方面の夜のパスは良いみたいだ。これならFR/Gにも期待できそうだ。

今朝は0515JSTに起床。

3.5MHzから聞き始める。3506.8KHzで4S7NEの信号が聞こえていた。信号は弱かったが、JAともQSOしていた。5N0OCHがセルフスポットで、3501KHz出てきたようだが、全く聞こえなかった。

7MHzはコンディションが良いみたいだ。7009.3KHzの9J2FMの信号が、今朝は強い。昨日の朝とは比較にならないレベル。日によって、かなりコンディションが違うようだ。7010.6KHzでRV1CC/0がCQを出していた。この局は、昨晩14MHzでEuの猛パイルを受けていた。何故だか分からないが、取りあえずQSOしておく。

14MHzは静かだが、14017.0KHzでOX3XRのCQが聞こえていた。呼ぶとリターンがありQSO成功。

再び7MHzに戻ると、7007.0KHzでA61BK/DMがJAのパイルになっていた。何分間か呼んでいる内にリターンがありQSO成功。

昨晩聞こえた局
21:41 14028.5 OJ0B
22:00 14310.5 JW1SYL
22:03 3508.1 VQ9LA

今朝聞こえた局
05:28 3506.8 4S7NE
05:38 7005.5 SP9H
05:40 7006.2 UY8IM
05:48 7009.3 9J2FM
05:51 7010.6 RV1CC/0
05:54 14017.0 OX3XR
06:08 7007.0 A61BK/DM
06:10 7002.0 SV9GPJ
06:14 7003.5 OH6AH

今朝の成果
SP9H (40C)
UY8IM (40C)
RV1CC/0 (40C)
OX3XR (20C)
A61BK/DM (40C)



  1. 2009/09/10(木) 06:40:02|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/9 (EK4AA, 9J2FM)

0530JSTに起床。

7MHzから聞き始める。7006.0KHzのZ30の信号はQSBが深い。呼ぶと"JH?"でリターンがあったが、そこからが苦戦。何とかコピーして貰えQSO成立。7010.0KHzでは、HS0ZEEがEuのパイルを浴びていた。

7010.5KHzにEK4AAが出ていた。ARMENIAは、旧ソ連のUG6の時代には、U-Zoneの中では比較的珍の部類で、自分のDXCCでもコンファームに苦戦して最後の方まで残った記憶がある。最近は、EK6LPがアクティブでLoTWでもコンファーム出来るようになったが、EK4AAは初めて聞く局だった。呼ぶと"JH8?"でコールバックがあった。コールサインを数回打ち込むが、なかなかコピーしてもらえない。それでも、数度のやり取りで何とかコピーしてもらいQSO成功。QRZ.COMには、、managerの記載はなく、P.O. Boxの住所が載っているから、ビューロではコンファームは難しいかもしれない。

7008.2KHzに9J2FMが出ていた。久しぶりに信号を聞いた。今シーズンもアクティブにローバンドにQRVしてくれるだろうか?

3.5MHzを聞くと、3503.0KHzで弱い信号ながらOE3DIAが聞こえていた。JA0の局が呼んでQSOしていたが、ウチでは出来そうなレベルの信号ではなかった。

10MHzでもEuの信号が聞こえている。10107.7KHzのE77XZは、20mと40mでQSOしているが、30mでは未交信なので呼んでQSO。

0600JSTを過ぎても7MHz、10MHzともにEuの信号は強かった。

今朝聞こえた局
05:33 7006.0 Z30V
05:34 7010.0 HS0ZEE
05:35 7010.5 EK4AA
05:40 7008.2 9J2FM
05:48 7003.3 RK3AOL
05:49 3503.0 OE3DIA
05:54 10107.7 E77XZ
05:55 10115.7 EN500I
06:00 10106.3 UN3F
06:01 10107.0 UX1BZ
06:09 7004.9 EU1TX
06:09 7007.1 HA5MK
06:18 7009.4 SN0PL

今朝の成果
Z30V (40C)
EK4AA (40C)
E77XZ (30C)

  1. 2009/09/09(水) 06:38:03|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/8 (YO5ODL, OZ3FD)

0500JSTに起床。

昨晩も14MHzのコンディションは良かった。Euと北米が同時に開けていた。Zone 2のVO2/NF6Jが聞こえていたので呼んだが、Euの壁が厚くて出来なかった。

今朝は3.5MHzから聞き始めるが、ノイズばかりで収穫無し。

7MHzはU-Zoneと東欧圏が聞こえている。7025.4KHzでUA3EDPがCQを出していたので呼んでQSO。7010.9KHzのYO5EDLは、100Wにdelta loopとのことだったが、579ぐらいで聞こえていた。

10MHzは、10107.7KHzのHA3FTAは強いのだが、他のEuの信号は弱い。10106.6KHzのOZ3FDはQSBの谷では分からなくなる。

14MHzも弱いながらもEuの信号が聞こえている。しかし、YU1DWの信号が539ぐらいではダメだろう。

7MHzと10MHzを行き来してワッチを継続。0600JSTを過ぎた頃に、10117.0KHzのV5/DK1CEのレポートがあがっていたが、QSBのピークで何とか聞こえるぐらい。呼べるような信号じゃなかった。

昨晩聞こえた局
22:12 14025.4 VO2/NF6J

今朝聞こえた局
05:09 7025.4 UA3EDP
05:19 7003.9 HA3OD
05:24 7010.9 YO5ODL
05:33 10107.7 HA3FTA
05:34 10106.6 OZ3FD
05:37 14009.9 RX6LX
05:39 14011.8 YU1DW
05:53 7010.8 OZ3FD
05:54 7008.0 UX1BZ
05:57 7015.8 TA1C/2
06:05 10117.0 V5/DK1CE
06:13 10112.8 UR5IFB

今朝の成果
UA3EDP (40C)
YO5ODL (40C)
UR5IFB (30C)

  1. 2009/09/08(火) 06:34:56|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/7 (J47COF, LX/PA3GVI/P)

0530JSTに起床。

週末は、ALL ASIANコンテストが開催されていたが、電話部門だったので10局ぐらいやっただけでやめた。

今朝は遅く起きたせいか、3.5MHzは何も聞こえない。
7MHzは、U-Zoneも局が聞こえているので、未交信のRM3DDDとQSO。

14MHzは、14003.0KHzでH44MYがupで捌いていた。ピックアップされていたUSAは聞こえなかったが、呼んでいたEuの局は弱いながらも聞こえていた・

今朝も10MHzが中心になった。10113.8KHzのE72Aは599スタイルで捌いていたせいか、JAのプチパイルになっていた。10125.5KHzのJ47COFは信号が弱く、QSBの谷では分からなくなるのfで、呼ばずに聞いていただけ。10106.9KHzにLZ/PZ3GVI/Pが今朝も出ていた。昨日の朝にQSOして、30mのLバンドニューだった。

今朝聞こえた局
05:46 7013.4 RN3ZDD
05:55 14003.0 H44MY
06:01 10113.8 E72A
06:04 10125.5 J47COF
06:07 10115.2 LY1CM
06:29 10106.9 LX/PA3GVI/P

今朝の成果
RN3ZDD (40C)

  1. 2009/09/07(月) 06:46:46|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/4 (LY2PX, SN70W)

0445JSTに起床。

夜の14MHzのコンディションは好調で、昨晩もOY2JやGM3VLB/PなどとQSO出来た。昨日は寝坊をしたので、今朝はローバンドに期待して、ちょっと早く起きてみる。

3.5MHzから聞き始めるが、ノイズのみでDXの信号は聞こえない。

7MHzは、Euの信号が聞こえている。7008.6KHzのUX5MZの信号は非常に強い。7027.1KHzのLY2PXは、40mでは未交信だったので呼んでQSO。他にも未交信のU-Zoneの局とQSO。

10MHzは、10105.9KHzのHA3FTAが強い。Eu方面が良いのかと思ったが、他の局の信号はは弱い。

14MHzは、昨日の朝も聞こえていたEG1SDCが聞こえるのみで、信号も弱い。

7MHzと10MHzを巡回して、SN70WとTA2DSとQSOして、今朝の無線は終了。

今朝聞こえた局
04:57 7008.6 UX5MZ
04:58 7027.1 LY2PX
05:03 7030.9 UU1CW
05:14 7009.7 TA1C/2
05:18 10105.9 HA3FTA
05:28 14015.9 EG1SDC
05:31 7023.1 SN70W
05:38 7001.4 OZ1GML
05:54 10106.7 DM5MU
05:59 10112.0 TA2DS
06:08 10113.6 EN500I

今朝の成果
LY2PX (40C)
RD4CAQ (40C)
RU3HD (40C)
HA3FTA (20C)
SN70W (30C)
TA2DS (30C)

  1. 2009/09/04(金) 06:23:40|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/3 (HF70A, EG1SDC)

0545JSTに起床。

夜の20mのコンディションが良くて面白いので夜更かしをしていたら、起きられずに寝坊をしてしまった。
昨晩は、20mでCQを出して、30局ちょっとのEuとQSO。久々にEuのパイルを浴びて楽しかった。

今朝は起きたのが遅かったので、30mからワッチを開始。OZ1GML, OZ3FDがCQを出しているのが聞こえている。どちらも30mでは未交信だったので、OZ3FDから呼んでみる。その後、OZ1GMLを呼ぼうとしたら、他にも呼んでいるJAの局がいたので他をワッチ。10123.9KHzでHF70Aが599スタイルで捌いていたので、呼んでQSO。

14MHzは、やはり夜の方が断然に良い。今朝は、EG1SDC, EA8QPが聞こえていたが、信号は弱かった。それでも、呼ぶとコールバックがあり、両方の局ともQSO出来た。

今朝の成果
OZ3FD (3C)
HF70A (30C)
EG1SDC (20C)
EA8QP (20C)

  1. 2009/09/03(木) 06:26:57|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 9/1 (SN0PL, ZD8Z)

0430JSTに起床。

3.5MHz狙いで、いつもよりも早起きをしてみる。しかし、期待した3.5MHzはノイズのみで何も聞こえない。

7MHzもあまりぱっとしない。10MHz, 14MHzもダメ。DXの信号は聞こえない。それでも、7009.0KHzで599スタイルでSN0PLが捌いていたので、呼んだらリータンがありQSO出来た。

0500JStを過ぎると3.5MHzが若干賑やかになってきた。3508.4KHzで先ほど7MHzでQSOしたSN0PLがCQを出しているのが聞こえる。JA5の局がQSOしたので、続けて呼ぶがCQを連呼される。飛んでいないみたいだ。バンド内を巡回していたら、3505.9KHzでHA8RMが聞こえた。シーズン最盛期からみたら信号は格段に弱いが、Euの信号が聞こえるのは嬉しい。

3515.5KHzでS52AWがEuの局とQSOしている。QSOが終わるのを待って呼ぶが、Euの壁が厚いようで飛ばない。そのうちに、呼ぶEuの局が途切れたのであろう。"? AGN"が戻ってくるが、飛ばなかった。

7MHzに戻ると、7005.8KHzでE77XZが強い信号で聞こえていた。10日ぐらい前に14MHzでQSOしているが、呼んだら分かってくれたようで、挨拶を済ませてQSO。1KWにQUADを使っているらしい。

E77XZとのQSOが終わってVFOをまわすと、ちょっと下でJAのパイルが聞こえる。ご本尊は、7002.5KHzのZD8Zだが、信号は非常に強い。Euに交じってJAもピックアップされているので、呼んでみた。PP5EGをピックアップしたら、QSY SSBと打って、7070KHzに行ってしまった。これを書きながら聞いているが、ZD8Zの信号はしっかりと聞こえている。そのうち、チャンスがあるだろう。

今朝聞こえた局
04:41 7009.0 SN0PL
05:03 3508.4 SN0PL
05:23 3505.9 HA8RM
05:27 3515.5 S52AW
05:33 3504.1 4S7NE
05:45 7005.8 E77XZ
05:47 7002.5 ZD8Z

今朝の成果
SN0PL (40C)
E77XZ (40C)

  1. 2009/09/01(火) 06:11:15|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

JH8SLS

Author:JH8SLS
第一級アマチュア無線技士

札幌市手稲区(010109)
jh8sls@jarl.com (@は半角で)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。