コンテスター兼Dx'erの無線生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今朝のDX 2/14 (6O3A, 3B8GY)

0415JSTに起床。

最近は忙しくて帰宅も日付が変わってからが多かったが、何とか山を越えたので、今朝は久しぶりに早起きをしてみた。

40m、80mには時間が早いので、30mから聞いてみる。10125KHzがEuのパイルになっている。ご本尊は10120.0KHzの6O3Aだが、このパイルじゃJAからは難しそう。そのまま聞いていたら、JA指定になりJAがピックアップされ始めた。30mの6Oはバンドニューなので呼び始めると、ほどなくしてリターンがあった。久しぶりに4時台に起きると良いことがあるみたい。その後30mをスイープしていると、10106.0KHzに3B8GYが出ていた。SP2JMBの運用だが、今回は3B8/SP2JMBではなく、3B8GYのコールサイン使っている。この局はLoTWでコンファーム出来るようなので呼び始めるが、Euのパイルが大きくなかなか入り込めない。それでも15分ぐらいかかって、やっと拾ってもらえた。30mは他にもGM4KGKが聞こえていたので、コンディションは良いみたい。

40mはEuの信号が強い。7011.5KHzのUF5Fは、このバンドでは未交信だったので、呼んでQSO。7007.6KHzのDJ0MDRは、80mではQSOしているが、このバンドでは初めてなので呼んでQSO。コンディションが良いみたいなのでCQを出してみる。Euの局がポツポツと呼んでくるが、残念ながらQSO済みの局が多いので、数局QSOしたら切り上げて、再びワッチに戻り未交信の局を探して呼び回る。7006KHzにD2QVが出ていたが、信号は弱い。D2QVは、最近80mにも出ているが、JAの猛パイルで順番が回ってこない。先週末は、80mでOD5NJも聞こえていたが、これもパイルの前に撃沈。今シーズンの80mは厳しいですhi。

今朝の成果
6O3A (30C) バンドニュー
3B8GY (30C)
UF5F (40C)
DJ0MDR (40C)
4L0CR (40C)
E74BQ (40C)
DL2BWG (40C)
UA0WB (40C)
E77DX (40C)

スポンサーサイト
  1. 2012/02/14(火) 06:55:27|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のDX 2/4 (D2QV, HK0NA)

0530JSTに起床。外気温マイナス8度。

3.5MHzから聞き始める。3503.0KHzで4W0VB/PのCQが聞こえている。今朝はコールサインの後に"/P"が付いているから、近隣の島からの運用だろうか?3514.9KHzでRN3FがCQを出していたので、呼んでQSO。

7MHzはEuの信号が強い。既にQSO済みの局が多いが、7012.4KHzのEM0UBCは初めての局だったのでQSO。7031.0KHzでA45XRが"CQ FOC"と打っていた。FOCを検索してみると、"First Class CW Operators' Club"で、ちょうど"FOC Marathon"が開催されているようだ。メンバー同士のQSOが有効のようなので、呼ばずに聞いていたが、暫くCQを出していた。

0620JST頃に3509.0KHzにD2QVが出てきたが、信号は弱く存在が分かる程度。その後、若干信号は強くなったが、QSBの山でやっと分かるぐらいの信号だったので、呼べなかった。ご近所の局は呼んでいたが、QSOは出来なかったみたい。

10113.0KHzのHK0NAの信号が強い。upでJAもピックアップされていた。見つけた時は、あまりパイルになっていなかったが、JAの局がクラスターにスポットしてからは、一気にパイルが大きくなった」。

朝食後は、TO3Jが18140.0KHzに出ていたので、聞いていた。同時にQRVしている21180.0KHzが被るとのことで、14180.0KHzにQSYしていったが、そこでもダメなようで14175KHzへずれた後は見失った。

これを書きながら、18070KHzの4W0VB/PがupでJAのパイルを捌いているのを聞いているが、upはJAの猛パイルになっている。クラスターには、同じ周波数のHK0NAのスポットも上がっているので、勘違いして呼んでいる局もいたかもしtれない。

HK0NAだが、昨日の朝、14MHzのCWでQSO出来た。L.Pで入っており、信号は弱かったが、"QRZ JA"だったので、そんなに時間がかからずにリターンがあった。これで、HK0NAとは80mから12mの各バンドで一つずつQSO出来たので、追っかけは終了。10mは未交信だが、1990年のHK0TUを10mのSSBでQSO済みなので、呼ばなかった。まだ1バンドもQSO出来ていない局がいるだろうから、DXCCチャレンジに必要なバンドで1QSOずつで完了。

  1. 2012/02/04(土) 09:06:48|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

最近のDX (HK0NA, HU2DX)

Blogの更新が空いてしまったが、毎朝、無線機の前には座っていた。

ローバンドのコンディションは悪く、5時台は何も聞こえないことが多く、収穫のない日が続いている。

ハイバンドのコンディションも良いとは言えないが、HK0NAの信号は日によっては強く聞こえている。しかし、そんな時はJAのパイルも激しく、なかなか出来ない。昨日の朝の15mのSSBの信号は、弱いうえにHK0NAの周波数にジャミングがあったせいか呼ぶ局も少なく、簡単に出来た。信号が弱い方が呼ぶ局が少なく、QSOしやすいようだ。昨日の朝の07時台の10MHzのCWの信号は非常に強く、「ニセモノ?」かと思ったが、Log searchで確認できたので、本物だったようだ。終盤になって未交信のバンドが二つ埋まった。山頂の設備は、徐々に撤収を始めて、2/3には撤収完了のようなので、今週末は下界からのみの運用になるようだ。

HK0NA以外は、TO4MやHU2DXが聞こえている。今日からはTO3Jも始まったようなので、各所でパイルが繰り広げられることになるだろう。

  1. 2012/02/03(金) 06:18:34|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

JH8SLS

Author:JH8SLS
第一級アマチュア無線技士

札幌市手稲区(010109)
jh8sls@jarl.com (@は半角で)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。