FC2ブログ

コンテスター兼Dx'erの無線生活

初めてのDXCC申請

DXを始めたのは、かれこれ25年前。それまでは、50MHzオンリーであったため、HFにQRVを始めた当初は、海外と交信出来ることが嬉しくて、聞こえる局とは片っ端にQSOしていた。そのうち、DXCCもそれなりに増え、200Eを超えた頃からオーナーロールになることを目標にやってきた。

2001年のSt. Peter & St. Paul RocksとのQSOで、全エンティティーとのQSOが完了したが、カードの回収はサボっていたので、かなりの焦げ付きがあった。

一昨年の秋にLOTWに登録したら、未コンファームだった
BQ9P
BS7H
P5/4L4FN
TX0DX
VP6DI
が相互認証でDXCCにOKなことが分かった。つまり、これらの局はカードを所持せずともDXCCにクレジットされる。

また同じ頃に、JARLから
PW0S (St. Peter & St. Paul Rocks)のカードが、PSEで届いた。

これに気を良くして、カードの回収に精を出し、全エンティティーのコンファームを目指すことにした。まずは、昨年の1月頃に一気に30枚ぐらいのSASEを送って待つことにした。

この間に、モンテネグロがニューになったが、忙しさにかまけて未交信。取りあえず、WWCWの時に4O3BとQSOして、SASEを送った。
昨年の秋に、これ以外のエンティティーのカードは全て揃ったので、どうせならモンテネグロもゲットして、一発で#1を獲得したい。

しかし、DXCCの申請料は、その年の一回目と二回目以降では異なる。
ARRL非会員の場合、
一回目は$22だが、
二回目以降は$32

申請したカードが跳ねられた場合、違うカードで再度申請をしきゃならないことを考えると、年内中に一回は申請しておいた方が、安上がりと考えて、昨年の秋に初めてのDXCCの申請をすることにした。

続く
スポンサーサイト



  1. 2007/04/12(木) 18:59:51|
  2. DXCC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DXCC申請 準備編その1 | ホーム | 今日のDX 4/12 Eu's>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jh8sls.blog98.fc2.com/tb.php/15-b0bec033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JH8SLS

Author:JH8SLS
第一級アマチュア無線技士

札幌市手稲区(010109)
jh8sls@jarl.com (@は半角で)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する