FC2ブログ

コンテスター兼Dx'erの無線生活

Logger32 備忘録その1

PCにOSを再インストールしたついでに、全てのアプリケーションを入れ直している。
次の入れ替えの時に忘れない様に、それぞれのアプリケーションの設定手順を記録として残しておきます。

まずは、Logger32の基本編です。

1) システムを入れ替える前に、LogbookのDataをADIFで書き出す。
File -> Export logs -> ADIF (adi) file

2) Logger32を本家のサイトからダウンロード。
新規インストールなので、" Full Version"をダウンロードする。同じページにある"Latest Country Files"もダウンロードしておく。

3) ダウンロードしたファイルを解凍してインストール。インストール先は、defaultから変更無し。

4) Latest Country Filesを解凍して、その中身をLogger32のフォルダーにコピーする。

5) Logger32を起動する。それぞれのウィンドウの配置を好みに応じて修正する。
それぞれのウィンドウの端をドラッグするとサイズが修正可能

6) 無線機との接続の設定
メニューのSetup -> Radio -> Radio 1 configurationをFT-2000に設定
Radio 2 configurationをKenwood-allに設定
Setup -> Radio -> Open portになっていたらClose portに変更する。

7) Logbook entry windowの設定
Call fieldで右クリック、Setupで各種の設定をしていく

7-1) 入力項目の変更
Setup -> Show user fieldsで、必要に応じて表示するFieldを増やす(or 減らす)
初期設定ではField 6と7がチェックになっている。
Callを入力すると、Logbook entry windowのSentの右に国名、Rcvdの右に日の出、日の入り時刻、Nameの右にビーム方向,距離が表示されるが,
Field 1, 2を表示させると、国名が隠れる
Field 3を表示させると、日の出、日の入り時刻が隠れる
Field 4, 5を表示させると、ビーム方向、距離が隠れる

Setup -> Setup user fieldsで、追加したFieldをどの項目に割り当てるかを設定する。
例えば、User Field 6にQSLマネージャーを入力する場合は,
Setup -> Setup user fields -> Setup User field 6
Enter the label ... Via (ここに入力した文字がField枠の左に表示される)
What ADIF type ... QSL_VIAを選択する
Max number of ... 0のまま
Show Help buttonにチェックが入っていたら外す

7-2) 書体、サイズ、色を変更
Setup -> Appearnce -> Datafield font & color サイズを12へ変更(大きさは好みに応じて)
Setup -> Appearnce -> Label font & color サイズを12へ変更(大きさは好みに応じて)

7-3) 自局の緯度、経度の設定
Setup -> My QTH Lat/Long
Latitude 北緯を入力
Longtude 東経を入力する時は、頭にマイナス付ける(例 東経141.15なら-141.15)
Grid Squareを知っていれば、それを入力すると緯度、経度は計算してくれる。
分からない時は、http://www.mapfan.com/で自分の住所を入力すれば、URLに緯度、経度が表示されている。
これを設定しないと,メニューのアイコンのTracking window(地球儀のアイコン)で、世界地図を表示した時に自局の場所が赤丸で的確に示されない。上述の7-1)のビーム方向や距離もおかしくなる。
Distance Unitsをkilometersに変更(好みに応じて)

7-4) 入力順序の指定
Setup -> Setup tab order
それぞれのFieldでTABを押すと、次のFieldに移動するが、その順序を指定する。

7-5) 過去のQSOから引用するデーターの指定
Setup -> Setup QSO Mask
チェックした項目が、同一局とQSOした時に自動的にそれぞれのFieldに表示される。
CQZ, DXCC, ITUZ, QSL_VIAを指定(好みに応じて)

8) Logbook page windowの設定
Logbook page windowで右クリック、Setup -> Grid layoutで表示項目、順番の指定
不必要な項目は、チェックボックスのチェックを外す。
順番を変えるには、それぞれの項目の矢印をドラッグ&ドロップする。
BAND, CALL, QSO DATE, TIME_ON, CQZ, DXCC, FREQ, IOTA, MODE, RST_SENT, RST_RCVD, NAME, QSL_VIA......
(好みに応じて)

下部にあるプルダウンウィンドーの一番上のウィンドーを"Show DXCC column as ARRL Prefix"に変更。

9) Previous QSOsおよびWorked/Confirmed windowをクリックして表示される過去のQSOのDate表示のウィンドーも項目も同様に変更する。

10) バックアップしてあったデーターの読み込み
File -> Import logs -> ADIF (adi) file

QRZ.comの参照やCWの設定等は次回に書きます。
スポンサーサイト



  1. 2009/11/07(土) 09:11:50|
  2. ソフトウェアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<今朝のDX 11/9 (UT7UJ, XV4D) | ホーム | TX3A Log search更新>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/11/07(土) 23:24:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jh8sls.blog98.fc2.com/tb.php/789-4fa97607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JH8SLS

Author:JH8SLS
第一級アマチュア無線技士

札幌市手稲区(010109)
jh8sls@jarl.com (@は半角で)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する